docker aws

参考サイト
Hello world
https://qiita.com/sitilma/items/86609dc46e7e8835f7de

webサーバ立ち上げ~アクセス

[Docker] Docker でNginx を起動して Web ページを表示する

イメージの送信タグ付け
http://docs.docker.jp/linux/step_six.html

全体の流れ

知識0から Docker 環境を AWS の ECS でデプロイするまで

amazon ECS入門

Amazon ECS入門 〜公式のDockerイメージを使って10分で構築してみる〜

【Java】特定のフォルダをexplorerで開く

https://www.google.com/search?q=os%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89+%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8F&oq=os%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89+%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8F&aqs=chrome..69i57.46314j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

OSコマンドの確認
https://technical-knowledge-info.hatenablog.com/entries/2010/03/12

Javaで外部プロセスの呼び出し
https://qiita.com/suzuki_y/items/212ae68059a2c340b79c

http://www.ne.jp/asahi/hishidama/home/tech/java/process.html

結果

import java.io.IOException;

public class test {

public static void main(String[] args) {

String dir = “explorer C:\\eclipse”;
String[] Command = { “cmd”, “/c”, dir}; // 起動コマンドを指定する
Runtime runtime = Runtime.getRuntime(); // ランタイムオブジェクトを取得する
try {
runtime.exec(Command,null,null);
} catch (IOException e) {
System.out.println(e);
}

}

}

【Java】 マルチアップロード 検証

https://www.google.com/search?ei=Z7I7XZHgNoO7mAWK2rHgDw&q=java+%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0+%E8%A4%87%E6%95%B0&oq=java+%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0+%E8%A4%87%E6%95%B0&gs_l=psy-ab.3..33i21.2614.9188..9682…6.0..0.157.2062.6j13……0….1..gws-wiz…….0i30j33i160j35i39._PNvYgaOSrg&ved=0ahUKEwjRr4e4gtTjAhWDHaYKHQptDPwQ4dUDCAo&uact=5


https://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/9cc8e7b3bdfa2725fbc560904571b042
https://teratail.com/questions/50488

【サーバー】sqlサーバ

SQLサーバインストール手順
https://www.kkaneko.jp/tools/win/sqlserver2017.html

各DSNの説明

ユーザーDSN
ログインしているユーザーのみが利用する場合は、こちらを選択します。セキュリティ面を考慮すると、通常はユーザーDSNの設定が良いのではないでしょうか。もちろん、ODBC接続して運用する業務要件によって異なってきますが・・・
システムDSN
対象となるPCの全ユーザーが利用できます。ただし、登録するにはAdministrator権限が必要です。対象となるPCが共有PCで、他のユーザーもこのODBC接続を使う場合は、こちらを選択します。
ファイルDSN
セキュリティ面で、最もゆるいのがこのDSNになります。ファイルDSNを作成するとDSNの設定情報がファイルとして作成されるため、同じ設定を他のPCで実施したいときには、作成したdsnファイルをコピーするだけで良いので、とても簡単に複数のPCへの設定が可能です。ただし、コピーしてしまえば、簡単にアクセスできてしまうので、接続対象となるデータベースに対してファイヤーウォールを細かく設定するなどのセキュリティ面での対策を考慮する必要があります。

知能テスト

https://www.bing.com/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%BC%8F%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%A4%9C%E6%9F%BB+%E5%8F%97%E9%A8%93&qs=n&form=QBRE&sp=-1&pq=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%BC%8F%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%A4%9C%E6%9F%BB+%E5%8F%97%E9%A8%93&sc=0-14&sk=&cvid=812D66C2CEFE441BA5C3DBCC8F6929B7

【完全公開】WAIS-Ⅲ(知能検査)の結果 ✅| 発達障害かも?と思う前に是非受けて

https://lscharlie.exblog.jp/24430958/

https://lscharlie.exblog.jp/24428327/

PL/pgSQl

A5で実行してみる

下記のサイトを参考に

https://db.just4fun.biz/?PL/pgSQL%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F

・どの言語が使えるようになっているかを確認

select * from pg_language;

・作成済みのファンクションを調べる

SELECT * FROM pg_proc;

または

SELECT proname,prosrc FROM pg_proc WHERE proname = 'update_w_blnc_slip_mgt_hist'

prosrcの値が実行される内容

・ストアドプロシージャの作成
[ORACLE]

CREATE [ OR REPLACE ] PROCEDURE ストアドプロシージャ名
[ (引数名 データ型),... ]
IS [ 変数名 データ型,... ]
BEGIN
処理内容
END ;

例:

 CREATE PROCEDURE pro_200
 IS
 BEGIN
     SELECT DISTINCT KK.顧客名 FROM 受注表 JJ,顧客表 KK
         WHERE JJ.顧客コード = KK.顧客コード
               AND JJ.受注個数 >= 200 ;
 END ;

[PostgreSQL]

CREATE FUNCTION 関数名 ( [ 引数のデータ型,... ] )
RETURNS [ SETOF ] 返り値のデータ型
AS
'
[ラベル]
[ DECLARE 変数名 データ型 ... ]
BEGIN
処理内容
END ;
'
LANGUAGE 'sql' ;

例:

 CREATE FUNCTION func_200()
 RETURNS SETOF CHAR(20)
 AS
 '
 BEGIN
     SELECT DISTINCT KK.顧客名 FROM 受注表 JJ,顧客表 KK
         WHERE JJ.顧客コード = KK.顧客コード
               AND JJ.受注個数 >= 200 ;
 END ;
 '
 LANGUAGE 'sql' ;

・ストアドプロシージャの実行と削除

<<ORACLE>>

BEGIN
[ EXECUTE ] ストアドプロシージャ名 [(引数,...)]
END ;

例:

 BEGIN
       pro_200
 END ;

参考URL

https://www.postgresql.jp/document/7.2/programmer/plpgsql.html

https://www.postgresql.jp/document/9.2/html/catalog-pg-proc.html

https://www.techscore.com/tech/sql/SQL13/13_02.html/

https://www.postgresql.jp/document/8.1/html/plpgsql-trigger.html